過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37487問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「保育所における食事の提供ガイドライン」( 平成24年:厚生労働省 )における幼児期の偏食への対応方法についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  嫌いな食材を好きな食材に少し混ぜる。
B  無理強いをしないで、チャレンジしようとする好奇心を育てるように言葉かけなどを行う。
C  調理を工夫して、小さく切ったり柔らかくする。
D  嫌いなものを食べることにより、苦手なことを克服する自信や達成感が得られたり、チャレンジ精神が培われるような働きかけが大切である。
   1 .
( A )○  ( B )○  ( C )○  ( D )○
   2 .
( A )○  ( B )○  ( C )×  ( D )×
   3 .
( A )○  ( B )×  ( C )○  ( D )×
   4 .
( A )×  ( B )×  ( C )○  ( D )○
   5 .
( A )×  ( B )×  ( C )×  ( D )○
( 保育士試験 平成30年(2018年)前期 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
すべて正しいです。

「保育所における食事提供ガイドライン」
第3章 保育所における食事の提供の具体的な在り方
2・食事提供の留意事項
(3)ひとりひとりに応じた対応について
➃偏食
に記載されている通りです。

そこには次のように書かれています。
「ある食材を食べない場合、その理由を分析し対応する。
例えば
①調理を工夫して、小さく切ったり柔らかくする
②好きな食材に少し混ぜる
③ピーマンなどのにおいが強い食材は、調理によりにおいを弱めるなどの工夫をする
④無理強いをしないで、チャレンジしようとする好奇心を育てるように言葉かけなどを行う
⑤子どもと一緒に、野菜栽培や料理を行う
⑥皆と一緒に楽しく食事する
などの配慮も、
好き嫌いを直すのに有効である。
嫌いなものを食べることにより、苦手なことを克服する自信や達成感が得られたり、チャレンジ精神が培われるような働きかけが大切である。」
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
解答.1

「保育所における食事の提供ガイドライン」
第3章 保育所における食事の提供の具体的なあり方
2 食事の提供の留意事項
(3) 一人一人に応じた対応について
④ 偏食

を、参考にしてください。

全てガイドラインの記述の通りです。
他に、「ピーマンなどのにおいが強い食材は、
調理によりにおいを弱めるなどの工夫をする。」
「皆と一緒に楽しく食事する。」
等の、記載があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

A 〇 適切です。
嫌いな食材を好きな食材に少し混ぜます。

B 〇 適切です。
無理強いをしないで、チャレンジしようとする好奇心を育てるように言葉かけなどを行います。

C 〇 適切です。
調理を工夫して、小さく切ったり柔らかくします。

D 〇 適切です。
嫌いなものを食べることにより、苦手なことを克服する自信や達成感が得られたり、チャレンジ精神が培われるような働きかけが大切です。

保護者が、食事で困っていることとして、偏食は 1 歳半頃から徐々に多くなり、3歳後半では、39.7%
になっています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。