過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第44220問」を出題

問題

[ 設定等 ]
異形鉄筋の定着等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、dは異形鉄筋の呼び名の数値とする。
   1 .
大梁主筋にSD345を用いる場合の直線定着の長さは、コンクリート強度が同じならば、同径のSD390を用いる場合と同じである。
   2 .
梁下端筋の柱梁接合部への定着は、原則として、梁下端筋を曲げ上げる形状で定着させる。
   3 .
梁端の上端筋をカットオフする場合には、梁の端部から当該梁の内法長さの1/4となる点を起点とし、15d以上の余長を確保する。
   4 .
梁の主筋を柱内に折曲げ定着とする場合には、仕口面からの投影定着長さを柱せいの3/4倍以上とする。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問25 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
正解は1です。

1:誤りです。
まず、鉄筋の強度が高くなると、必要定着長さは長くなります。何故なら、鉄筋に大きな引張力が働き、抜けやすくなるからです。
次に、コンクリートの強度が高くなると、必要定着長さは短くできます。何故なら、鉄筋がコンクリートから抜けにくくなるからです。
SD390の方が、SD345と比べて鉄筋の強度が高いので、コンクリート強度が同じであれば、必要定着長さは長くなります。

2:設問通りです。

3:設問通りです。

4:設問通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。