過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午前 問24

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
アースドリル工法による場所打ちコンクリート杭地業に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
掘削終了後、鉄筋かごを建て込む前に1次孔底処理を行い、有害なスライムが残留している場合には、コンクリートの打込み直前に2次孔底処理を行う。
   2 .
安定液は、必要な造壁性があり、できるだけ高粘性、高比重のものを用いる。
   3 .
掘削深さの確認は、検測器具を用いて孔底の2か所以上で検測する。
   4 .
地下水がなく孔壁が自立する地盤では、安定液を使用しないことができる。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問24 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

評価する
27
評価しない
正解は2です。

1:設問通りです。

2:誤りです。安定液は、孔壁の崩壊を防止する機能とコンクリートの打ち込み時にコンクリート中に混入されることなく、コンクリートと良好に置換される機能が必要です。安定液の配合は、必要な造壁性があるうえで、コンクリートとの置換を考慮し、できるだけ低粘性、低比重のものが良いです。

3:設問通りです。

4:設問通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。