過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第44224問」を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの養生に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、計画供用期間を指定する場合の級は標準とする。
   1 .
連続的に散水を行って水分を供給する方法による湿潤養生は、コンクリートの凝結が終了した後に行う。
   2 .
普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの打込み後5日間は、乾燥、振動等によって凝結及び硬化が妨げられないように養生する。
   3 .
湿潤養生の期間は、早強ポルトランドセメントを用いたコンクリートの場合は、普通ポルトランドセメントを用いた場合より短くすることができる。
   4 .
普通ポルトランドセメントを用いた厚さ18cm以上のコンクリート部材においては、コンクリートの圧縮強度が5N/mm2以上に達したことを確認すれば、以降の湿潤養生を打ち切ることができる。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問29 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
正解は4です。

1:設問通りです。
コンクリートは、使用する材料のセメントに水を加えて練り混ぜると、水和反応を起こし徐々に流動性が失われていきます。流動性が失われるということは硬くなるということですが、この時点ではまだ強度は発現されていません。この状態を凝結と呼び、終結するまでにはセメントの種類、気温、施工条件にもよりますが、およそ1日程度必要になります。

2:設問通りです。

3:設問通りです。
早強ポルトランドセメントには、下記特徴があります。
(太平洋セメント株式会社「早強ポルトランドセメント」カタログより引用)
①初期強度が大きい
材齢7日で普通ポルトランドセメントの材齢28日強度に匹敵する高強度を発現します。
②長期強度が大きい
早強ポルトランドセメントは初期強度発現性に優れるとともに長期材齢においても強度発現性に優れ、普通ポルトランドセメントを上回る高強度を発現します。
③養生期間が短縮できる
普通ポルトランドセメントと比べ、セメントの硬化が早く、初期の強度発現性が大きいことから養生期間が短縮できます。
④低温時でも強度発現性が大きい
早強ポルトランドセメントは低温条件においても、良好な強度発現性を示します。また、水和熱による発熱も大きいことから所要の養生温度や初期強度の確保が難しい冬期や寒冷地での工事に最適です。
⑤蒸気養生特性が優れている
早強ポルトランドセメントは短時間の蒸気養生で高強度が得られます。

4:誤りです。
計画供用期間の級が短期及び標準の場合、早強・普通及び中庸熱ポルトランドセメントを用いた厚さ18㎝以上の部材は、10N/mm²以上の圧縮強度を確認すれば、以降の湿潤養生を打ち切ることができます。(JASS5)
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。