過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第44228問」を出題

問題

[ 設定等 ]
揚重運搬機械に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ロングスパン工事用エレベーターの搬器には、周囲に堅固な手すりを設け、手すりには中さん及び幅木を取り付けなければならない。
   2 .
ロングスパン工事用エレベーターは、安全上支障がない場合、搬器の昇降を知らせるための警報装置を備えないことができる。
   3 .
建設用リフトは、土木、建築等の工事の作業に使用され、人及び荷を運搬することを目的とするエレベーターである。
   4 .
建設用リフトの定格速度とは、搬器に積載荷重に相当する荷重の荷をのせて上昇させる場合の最高の速度をいう。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問33 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は3です。

1:設問通りです。
ロングスパンエレベーターとは、工事用エレベータであって、搬器として3メートル以上の荷台を使用し、定格速度が毎分10メートル以下のものをいいます(エレベータ構造規格第16条)。
搬器は人が乗る部分(搭乗席)と荷を積む部分からなります。人が乗る部分の周囲は高さ1.8m以上の囲いを設け、頭上には堅固なヘッドガードを取り付けます。人はこの搭乗席にしか乗れません。また、荷物を積む部分には高さ90cm以上の手摺を取り付けます(エレベータ構造規格第21条)。

2:設問通りです。

3:誤りです。
建設用リフトとは、荷のみを運搬することを目的とするエレベーターで、土木、建築等の工事の作業に使用されるものと定められています(労働安全衛生法施工令第1条第十号)。
人を運搬することはできないので、誤りです。

4:設問通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。