過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第49271問」を出題

問題

[ 設定等 ]
電気設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ビニル電線(IV)は、地中電線路に用いることができる。
   2 .
低圧屋内配線のための金属管は、規定値未満の厚さのものをコンクリートに埋め込んではならない。
   3 .
合成樹脂製可とう電線管のうちPF管は、自己消火性があり、屋内隠ぺい配管に用いることができる。
   4 .
合成樹脂管内、金属管内及び金属製可とう電線管内では、電線に接続点を設けてはならない。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年) 午前 問17 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正解は1です。

1:誤りです。
ビニル絶縁電線(IV)、屋外用ビニル絶縁電線(OW)、引込用ビニル絶縁電線(DV)などの絶縁電線は地中埋設電線としては使えません。
直接埋設式による地中埋設工事で使える電線は、VVFケーブル、VVRケーブル、EM-EEFケーブル、CVケーブルなどのケーブルになります。

2:設問の通りです。
コンクリートに埋め込む場合、低圧屋内配線のための金属管の厚さは、1.2 mm未満としてはなりません。

3:設問の通りです。

4:設問の通りです。
断線などの際に、どこで断線しているのか確認できなくなるため、ジョイントボックス内に接続点を設けなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。