過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第49333問」を出題

問題

[ 設定等 ]
建築工事現場における就業制限に関する記述として、「労働安全衛生法」上、誤っているものはどれか。
   1 .
小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者は、つり上げ荷重が5t 未満の移動式クレーンの運転の業務に就くことができる。
   2 .
フォークリフト運転技能講習を修了した者は、最大荷重が1t 以上のフォークリフトの運転の業務に就くことができる。
   3 .
クレーン・デリック運転士免許を受けた者は、つり上げ荷重が5t 以上の移動式クレーンの運転の業務に就くことができる。
   4 .
高所作業車運転技能講習を修了した者は、作業床の高さが10 m以上の高所作業車の運転の業務に就くことができる。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年) 午後 問79 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない

正解(誤り)は 3 です。

クレーン等の免許と移動式クレーンの免許は異なるため、それぞれ必要に応じて免許の取得や講習、安全教育を修了する必要があります。

したがって設問3は誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。