過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午後 問62

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
壁面の陶磁器質タイル張り工事における試験に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
有機系接着剤によるタイル後張り工法において、引張接着力試験は、タイル張り施工後、2週間経過してから行った。
   2 .
セメントモルタルによるタイル後張り工法において、引張接着力試験に先立ち、試験体周辺部をコンクリート面まで切断した。
   3 .
引張接着力試験の試験体の個数は、300m2ごと及びその端数につき1個以上とした。
   4 .
二丁掛けタイルの引張接着力試験の試験体は、タイルを小口平の大きさに切断して行った。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午後 問62 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
21
評価しない
正解は3です。

1:設問の通りです。
施工後、2週間以上経過させ、強度の発現を待ってから試験を行います。

2:設問の通りです。
目地部分をダイヤモンドカッター等でコンクリート面まで切断して、周囲と絶縁します。

3:誤りです。
引張接着力試験の試験体の個数は、100㎡ごと及びその端数につき1個以上、かつ全体で3個以上とします。

4:設問の通りです。
二丁掛タイルのような横長なタイルは、引張試験時に偏心が生じやすく、正確な接着力の測定が難しくなるため、小口平の大きさに切断します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。