過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午後 問63

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
解体工事における振動・騒音対策に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
現場の周辺地域における許容騒音レベルの範囲内に騒音を抑えるために、外部足場に防音養生パネルを設置した。
   2 .
振動対策として、壁などを転倒解体する際に、床部分に、先行した解体工事で発生したガラを敷きクッション材として利用した。
   3 .
内部スパン周りを先に解体し、外周スパンを最後まで残すことにより、解体する予定の構造物を遮音壁として利用した。
   4 .
測定器の指示値が周期的に変動したため、変動ごとに指示値の最大値と最小値の平均を求め、そのなかの最大の値を振動レベルとした。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午後 問63 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
25
評価しない
正解は4です。

1:設問の通りです。
防音養生パネルを設置することで、騒音だけではなく、解体ガラや粉塵などの飛散を防ぐことができます。

2:設問の通りです。
先行した解体工事で発生したガラをクッション材として敷き詰める事で、壁を転倒解体する際に発生する振動を和らげる効果を得ることができます。

3:設問の通りです。
外周スパンを最後まで残すことで、外部足場も最後まで残す事が出来ます。

4:誤りです。
騒音計の指示値が周期的又は間欠的に変動する場合は、その変動ごとの指示値の最大値の平均値を振動レベルとします。また、騒音計の指示値が変動しない、又は変動が少ない場合は、その指示値とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。