過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午後 問78

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
建設業の事業場における安全衛生管理体制に関する記述として、「労働安全衛生法」上、誤っているものはどれか。
   1 .
統括安全衛生責任者を選任すべき特定元方事業者は、安全衛生責任者を選任しなければならない。
   2 .
一の場所において鉄骨造の建築物の建設の仕事を行う元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の総数が常時20人以上50人未満の場合、店社安全衛生管理者を選任しなければならない。
   3 .
事業者は、常時100人の労働者を使用する事業場では、総括安全衛生管理者を選任しなければならない。
   4 .
元方安全衛生管理者は、その事業場に専属の者でなければならない。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午後 問78 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
17
評価しない
正解は1です。

1:誤りです。
統括安全衛生責任者が選任された場合、統括安全衛生責任者を選任した事業者以外の請負人で、当該仕事を自ら行う事業者は、安全衛生責任者を選任しなければなりません(安衛法第16条)。

2:設問の通りです。

3:設問の通りです。
林業、鉱業、建設業、運送業及び清掃業において、事業者は、常時100人の労働者を使用する事業場では、当該事業場における事業の実施について実質的に統括管理する権限及び責任を有する者である総括安全衛生管理者を選任しなければなりません(労働安全衛生法第10条)。

4:設問の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。