過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年) 午前 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
採光及び照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
均等拡散面上における輝度は、照度と反射率との積に比例する。
   2 .
演色性とは、光がもつ物体の色の再現能力のことで、光の分光分布によって決まる。
   3 .
昼光率とは、全天空照度に対する室内のある点の天空光による照度の比をいう。
   4 .
設計用全天空照度は、快晴の青空のときが薄曇りの日よりも大きな値となる。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年) 午前 問3 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
33
評価しない
正解は4です。

1:設問の通りです。

2:設問の通りです。
光源が色の見え方に及ぼす性質を演色性といい、光源から放射している光の波長の割合(分光分布)で決まります。

3:設問の通りです。
昼光率は、直射日光を除く屋外の照度(全天空照度)に対する室内のある点の天空光による照度の比のことです。採光可能性を示す指標になり、その値が高いほど評価が高くなります。

4:誤りです。
全天空照度とは、直射光を除いた空からの光(天空光)による地上の水平面照度のことで、一般に快晴時より薄曇りの時のほうが明るくなります。設計用としては15.000lxが使用されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。