過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師の過去問「第32120問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Barré〈バレー〉徴候の査定の開始時と判定時の写真を別に示す。左上肢のBarré〈バレー〉徴候陽性を示すのはどれか。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 看護師国家試験 第106回 午前 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は4です。

バレー徴候とは、上肢・下肢に軽度の運動麻痺があると出現します。検査として、上肢では両腕を胸のあたりでまっすぐ肘を曲げないように伸ばし、閉眼します。その時に麻痺側が回内しながら下に降りてきます。下肢では腹臥位で膝関節を床から持ち上げると、麻痺側が下に降りてきます。

以上のことから、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 4 です。

Barré〈バレー〉徴候とは、軽度運動麻痺がある場合に現れる徴候で、
脳卒中の疑いがある患者に対し、行うテストで判断します。
手のひらを上に向け、肘を伸ばしたまま両腕を前方に挙上します。
そのまま目を閉じ、10~30秒程度保持します。
どちらか一方の手のひらが内側を向き、さらに腕が下がっている場合、
脳卒中や麻痺がある可能性が高いです。
この状態を示した図は、4.となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は 4 です

バレー徴候とは、錐体路障害による軽度の運動麻痺がみられる場合に麻痺側に現れる症状のことです。
それを行う検査はバレー試験と呼ばれ、脳梗塞や脳出血、その他の錐体路障害を発見する際に行われます。

検査としては、まず肩幅程度に腕を開き、手のひらを上に向けて差し出した状態のまま、その姿勢を”保って”もらうよう指示します。

1:×
この写真では右上肢(健側)が肩より上に上がっているため、バレー徴候には当てはまりません。

2:×
この写真では左上肢(麻痺側)が下がっていますが、手のひらが回内していないため、バレー徴候には当たりません。
強いて言うとしたら、左肩の整形的問題、あるいは間接の疼痛、または筋力の問題でしょう。

3:×
この写真では両方の上肢が下がっているため、バレー徴候には当たりません。
強いて言うならば、加齢による筋力の低下や指示を受け入れる認識の問題が疑われます。

4:○
ハレー徴候は写真のように麻痺側の腕のみ、上に向けていた手のひらが回内(手首が内側を向きながら下の床面へ向こうとすること)しながら腕が下がります。

日常生活に支障がない程度の麻痺だとしてもこの徴候は観察でき、患者本人はこの動きを行うつもりはなく、姿勢を保とうとしているにも関わらず、この兆候が見られることを、「バレー徴候陽性」と判定します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
→正解は4.です。

バレー兆候とは上肢下肢に軽い運動麻痺がある時に起こる兆候です。目を閉じだ状態で、手掌を上にして両腕を肩の高さまで挙上させた際に、麻痺側の腕は回内(手掌が内側を向きながら回る)しながら下がります。
問題の写真で上記の状態を示しているのは4.なので、4.が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。