過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師「午後」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 952
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 952
クリア
[ 設定等 ]
日本の平成23年(2011年)における主要死因別にみた死亡率が最も高いのはどれか。
   1 .
肺炎(pneumonia)
   2 .
心疾患(heart disease)
   3 .
悪性新生物(malignant neoplasm)
   4 .
脳血管疾患(cerebrovascular disease)
( 看護師国家試験 第103回 午後 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
平成23年(2011年)における死因は以下の通りです。
第1位 悪性新生物
第2位 心疾患
第3位 肺炎
第4位 脳血管疾患
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
悪性新生物の死因は1981年(昭和56年)以降我が国の死因の一位を続けています。

平成23年の段階では次いで心疾患、肺炎、脳血管疾患になっています。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.×
2.×
3.○
4.×
日本の死因第1位は、悪性新生物です。
2位は心疾患、3位は肺炎、4位は脳血管疾患です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。