過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師「第106回」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 238
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 238
クリア
[ 設定等 ]
平成25年(2013年)の国民生活基礎調査による有訴者率(人口千対)で正しいのはどれか。
   1 .
12.4
   2 .
112.4
   3 .
312.4
   4 .
512.4
( 看護師国家試験 第106回 午前 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

有訴者とは、病気やけが等で自覚症状のある者のことで、人口千対で算出された値を有訴者率といいます。
全体で312.4、男女比では女性が多いです。(男276.8、女345.3 )
男性では腰痛、女性では肩こりが最も多い症状です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。
平成25年(2013年)の国民生活基礎調査 Ⅲ世帯員の健康状況より、有訴者率(人口千対)の総数は312.4。

有訴者とは、病気やけが等で自覚症状のある者のことで、人口千対で算出された値を有訴者率といいます。
分母となる世帯人員数には入院者を含みますが、分子となる有訴者数には、入院者は含まれません。

平成25年(2013年)の特徴としては下記のようになります。
●性別では、男276.8、女345.3 で女性が高いです。
●年齢階級別では、「10~19 歳」の176.4 が最低、年齢階級が高くなるにつれて上昇し、「80 歳以上」では537.5 です。
●症状別では、男性では「腰痛」での有訴者率が最も高く、次いで「肩こり」、「鼻がつまる・鼻汁が出る」、女性では「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」、「手足の関節が痛む」と続きます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解:3
平成25年(2013年)の有訴者(病気やけが等で自覚症状のある者)は人口千人当たり 312.4となっています。
有訴者率(人口千対)を性別にみると、男 276.8、女 345.3 で女が高くなっています。
年齢階級別にみると、「10~19 歳」の 176.4 が最も低く、年齢階級が高くなるにしたがって上昇し、「80 歳以上」では 537.5 となっています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。