過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師「第110回」の過去問をランダムに出題

問題

Aさん( 88歳、男性)は、10年前に脳梗塞( cerebral infarction )を発症し左半身麻痺の後遺症がある。杖歩行はでき、要介護2で介護保険サービスを利用中である。Aさんが最近食欲がなく、水分もあまり摂らず、いつもと様子が違うことを心配した妻がAさんに付き添って受診した。
身体所見:呼びかけに対して返答はあるが反応はやや遅い。麻痺の症状に変化はない。
バイタルサインは、体温 37.5℃、呼吸数 20/分、脈拍 100/分、血圧 140/60mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2> 98%( room air )。
検査所見:赤血球 410万/μL、白血球 6,800/μL、Ht 50%、総蛋白 6.5g/dL、尿素窒素 25mg/dL、Na 150mEq/L、K 3.8mEq/L、血糖値 110mg/dL、CRP 0.01mg/dL。胸部エックス線写真に異常なし。

入院から1週が経過し、Aさんのバイタルサインなどは正常となり、食事も摂取できるようになった。Aさんの妻は「先生からそろそろ退院できるといわれましたが、夫はほとんどベッド上で過ごしており、トイレまで歩けそうにありません。これで退院できるか不安です」と看護師に話した。現在のAさんの日常生活動作<ADL>は、起立時にふらつきがみられ、歩行は不安定である。ポータブルトイレを使用して排泄している。
現在のAさんの状況から、退院に向けて看護師が連携する者で適切なのはどれか。2つ選べ。
   1 .
薬剤師
   2 .
民生委員
   3 .
管理栄養士
   4 .
理学療法士
   5 .
介護支援専門員
( 看護師国家試験 第110回 午後 問240 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

「4」「5」が正解です。


「4」の理学療法士は、起立時のふらつきや、不安定な歩行を改善するためのリハビリテーションに関して、連携することが考えられます。適切なリハビリテーション計画をたて、退院まで実施することで、ADLを向上させ退院後の生活の質を上げることが期待できます。


「5」の介護支援専門員は、入院前に利用していた介護保険サービスの内容を調整する必要があることから、連携が必要です。介護支援専門員は要支援、要介護者の相談や家族状況を踏まえ、相談者に必要な介護サービスを組み合わせた居宅サービス計画を作成します。ケアマネージャーとも呼ばれます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

1.退院時の服薬指導は薬剤師から患者と家族へ説明することは必要ですが、妻の不安の訴えとは直接関係していません。

2.民生委員は地域の社会福祉に関しての相談と援助を行っていますが、1と同様、妻の不安の訴えとは直接関係していません。

3.食事に関しては問題がないため、必要はないと思われます。

4.正解です。妻はADLに関して不安を訴えています。今後のリハビリについて、運動療法を行う理学療法士と相談することが望ましいです。

5.正解です。介護支援専門員はケアマネージャーとも呼ばれ、要支援、要介護者の相談に応じ、必要な介護サービスの計画を作成し、介護サービス事業者(デイサービス、訪問看護など)と連携をはかります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。