過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師「午前」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 599問 正解) 全問正解まであと599問
Aさん( 17歳、高校生 )。身長158cm、体重48kg。Aさんは最近、月経時に下腹部痛が繰り返し出現し、寝込むことが多くなった。心配した母親と一緒に、Aさんは産婦人科クリニックを受診し、医師から機能性月経困難症( functional dysmenorrhea )と診断された。既往歴に特記すべきことはない。

Aさんは「次の月経からは、痛みがあれば、処方された鎮痛薬を飲むようにします。部活動で毎日ジョギングをしていますが、その他に日常生活で気を付けることを教えてください」と看護師に聞いてきた。
このときの看護師の指導で適切なのはどれか。
 1 . 
運動量を増やす。
 2 . 
下腹部を温める。
 3 . 
葉酸を含む食品は控える。
 4 . 
腰部のマッサージは控える。
( 看護師国家試験 第107回 午前 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1 激しい運動は控えたほうが良いため、運動量を増やすのは妥当ではないと考えられます。

2 プロスタグランジンが分泌されることにより子宮筋が収縮し、子宮内膜が押し出され、生理が始まります。子宮内の血流が冷えることにより、子宮筋の収縮が鈍くなり、プロスタグランジンが過剰分泌され、生理痛の原因となります。よって、下腹部を温めるよう指導することが適当だと考えられます。

3 機能性月経困難症に対し、葉酸を控える必要はありません。

4 腰部マッサージを控える必要はありません。
評価後のアイコン
2018/09/03 00:53
ID : ybsvuqmmx
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。