過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士の過去問「第40331問」を出題

問題

[ 設定等 ]
造形に対する人間の知覚に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
黄金比は、その比率がもつ安定感から造形美を得るために古くから採用され、人体各部の寸法の比率がこれに近似するといわれている。
   2 .
ゲシュタルト心理学の基礎概念においては、形や存在が認められる部分を「地」、その背景となる部分を「図」という。
   3 .
線遠近法がつくりだす立体感の効果を建築物に応用することにより、奥行感を強めたり弱めたりすることができる。
   4 .
建築物の立面が大きなスケールになると、軒線等の水平線がその中央部で垂れたように見えたり、柱等の垂直線が傾いて見えたりする現象が生じる。
( 一級建築士試験 平成30年(2018年) 学科1(計画) )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1. 正しい。黄金比は8頭身の人体比率に近似しており、ル・コルビュジエの「モデュロール」等にも使用されています。
2. 誤り。形や存在が認められる部分を「図」、その背景となる部分を「地」といいます。
3. 正しい。線遠近法とは、手前のものから奥に遠ざかるについて小さく見えるという遠近法を線画によって透視的に表現する手法です。
4. 正しい。設問の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.設問通りです。
2.ゲシュタルト心理学の「図と地」という基礎概念では、背景から分離して形や存在が認められる部分を「図」と言い、背景となる部分を「地」と言う。
3.設問通りです。
4.設問通りです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.正しい→記述の通りです。

2.誤り→形や存在が認められる部分を「図」、その背景となる部分を「地」と言います。

3.正しい→記述の通りです。

4.正しい→記述の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。