過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士の過去問「第40335問」を出題

問題

[ 設定等 ]
車椅子使用者に配慮した集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
駐車場からエントランスホールにアプローチする傾斜路の計画に当たり、車椅子使用者が自力で登ることができるように、勾配を1/16とした。
   2 .
居間と寝室の計画に当たり、コンセントの中心高さを床面から20cmとした。
   3 .
台所の計画に当たり、流し台・調理台の奥行きを60cmとし、作業効率に配慮してL字型に配置した。
   4 .
浴室の計画に当たり、浴槽の深さを50cm、エプロンの高さを40cmとした。
( 一級建築士試験 平成30年(2018年) 学科1(計画) )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
1. 正しい。車椅子使用者が自力で登ることができる傾斜路の勾配は1/12以下です。勾配が1/16は適切です。
2. 誤り。車椅子使用者に配慮する場合、コンセントの中心高さは床面から40~110cm程度が望ましいです。
3. 正しい。作業効率に配慮して台所をL字型に配置することは適切です。
4. 正しい。浴槽の深さは50cm程度とし、エプロン(浴槽の縁)の高さは、車椅子の座面と同じ高さである40cm程度が望ましいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.正しい→傾斜路の勾配は通常1/12以下です。高さが16㎝以下の場合は1/8以下とする事ができます。

2.誤り→車椅子使用者に配慮したコンセントは、車椅子のフットレストがあたらないよう、床から40㎝程度の位置が望ましいです。

3.正しい→記述の通りです。

4.正しい→車椅子の乗り降りがスムーズになるように、浴室のエプロンの高さは、車椅子座面の高さと同じ40㎝程が望ましいです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.設問通りです。
2.車椅子使用者が利用するコンセントやスイッチなどの高さは、床面から40~110㎝程度の高さにあることが望ましいです。コンセントは40㎝程度とすることが多いです。
3.設問通りです。
4.設問通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。