過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者の過去問 平成27年度(2015年) 理論 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図のように、
問題文の画像
   1 .
1/1000
   2 .
9/1000
   3 .
1/100
   4 .
99/1000
   5 .
891/1000
( 第三種 電気主任技術者試験 平成27年度(2015年) 理論 問9 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

6
Q=CVより、直列接続によりQが一定ならばVは静電容量Cに逆比例することを用います。

C3とC4の合成静電容量は
1/100+1/900=10/900
よって90μFとなります。

また、C2~C4までの合成静電容量は
900+90=990μF

C2にかかる電圧をV1とすると
V1=10/(10+990)×Vin=Vin×1/100

同様に、C3とC4にかかっているV1とVoutの関係性は
Vout=100/(100+900)×V1=Vin×1/1000
となります。
付箋メモを残すことが出来ます。
2
正解は1番の、1/1000 です。


【方針】

Vout/Vin を求める問題です。
これは、Vin=1[V] と仮定した時の、Voutの値を求めればよいことになります。


【計算】
1、C3とC4の合成静電容量C34を求めます。

 C34=(C3C4) / (C3+C4)
   =(100*900) / (100+900)
   =90 [μF]


2、C2とC34の合成静電容量C234を求めます。

 C234 =C2+C34
    =900+90=990 [μF]


3、C234の両端に現れる電圧V234を求めます。直列に接続されたコンデンサに現れる電圧の分圧比は逆比になるので、

 V234 =(C1) / (C1+C234)
    =10 / (10+990)
    =10 / 1000
    =1/100


4、C4の両端に現れる電圧Voutを求めます。

 Vout = (C3) / (C3 + C4) * V234
    = 100 / (100+900) * 1/100
    = 1/10 * 1/100
    = 1/1000


5、よって、

 Vin=1[V] と仮定したとき
 Vout=1/1000[V] なので、

 Vout/Vin = 1/1000

 となります。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。