過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午後 問55

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
タクト手法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
作業を繰り返し行うことによる習熟効果によって生産性が向上するため、工事途中でのタクト期間の短縮又は作業者数の削減をすることができる。
   2 .
設定したタクト期間では終わることができない一部の作業については、当該作業の作業期間をタクト期間の整数倍に設定する。
   3 .
各作業は独立して行われるので、1つの作業に遅れがあってもタクトを構成する工程全体への影響は小さい。
   4 .
一連の作業は同一の日程で行われ、次の工区へ移動することになるので、各工程は切れ目なく実施できる。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午後 問55 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
13
評価しない
正解は3です。

1:設問の通りです。
一定の工事を繰り返し行うため、作業員の習熟効果により、タクト期間の短縮や作業員数の削減を見込めます。

2:設問の通りです。

3:誤りです。
各作業は密接に関係しており、1つの作業の遅れは次の作業開始の遅れとなるため、工事全体への影響は大きくなります。

4:設問の通りです。
各工程が切れ目なく実施することで、作業の効率化・円滑化を図ります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。