過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午後 問65

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
市街地の建築工事における公衆災害防止対策に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
工事現場内の表土がむきだしになることによる土埃の発生のおそれがあるため、十分散水し、シートで覆いをかけた。
   2 .
落下物による危害を防止するため、道路管理者及び所轄警察署長の許可を受けて、防護棚を道路上空に設けた。
   3 .
工事現場の境界に接している荷受け構台には、落下物による危害を防止するために手すりを設けたので、幅木は省略した。
   4 .
落下物による危害を防止するために足場の外側に設けた工事用シートは、日本工業規格(JIS)で定められた建築工事用シートの1類を使用した。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午後 問65 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
16
評価しない
正解は3です。

1:設問の通りです。

2:設問の通りです。
敷地を越境し防護柵を設ける場合は、道路管理者及び所轄警察署長の許可が必要になります。

3:誤りです。
幅木も落下物による危害を防止するための有効な手段となりますので省略出来ません。特に工事現場の境界に接している個所では、第三者災害の防止にも努めなくてはならず、注意が必要です。

4:設問の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。