過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年) 午前 問24

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
既製コンクリート杭の施工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
中掘り工法では、砂質地盤の場合、先掘り長さを杭径よりも大きくする。
   2 .
PHC杭の頭部を切断した場合、切断面から350 mm程度まではプレストレスが減少しているため、補強を行う必要がある。
   3 .
セメントミルク工法では、アースオーガーは掘削時及び引上げ時とも正回転とする。
   4 .
杭の施工精度は、傾斜を 1/100 以内とし、杭心ずれ量は杭径の 1/4 、かつ、100 mm以下とする。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年) 午前 問24 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
10
評価しない

1→中掘り工法では、砂質地盤の場合、先掘り長さを杭径よりも小さくする。

2→設問のとおりです。

3→設問のとおりです。

4→設問のとおりです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。