過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年) 午後 問55

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
一般的な事務所ビルの新築工事における鉄骨工事の工程計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
トラッククレーンによる鉄骨建方の取付けピース数は、1台1日当たり70ピースとして計画した。
   2 .
鉄骨のガスシールドアーク溶接による現場溶接は、1人1日当たり6mm換算で80 mとして計画した。
   3 .
建方用機械の鉄骨建方作業占有率は、60%として計画した。
   4 .
タワークレーンのクライミングに要する日数は、1回当たり1.5日として計画した。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年) 午後 問55 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
10
評価しない

1→トラッククレーンによる鉄骨建方の取付けピース数は、

1台1日当たり35ピース以下程度として計画します。

2→設問のとおりです。

3→設問のとおりです。

4→設問のとおりです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。