過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 6 問59を出題

問題

[ 設定等 ]
建具工事におけるキーシステムに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
複数個の異なった錠のいずれの錠でも、特定の鍵で施解錠できるシステムを、マスターキーシステムという。
   2 .
複数個の異なった鍵のいずれの鍵でも、特定の錠だけを施解錠できるシステムを、逆マスターキーシステムという。
   3 .
施工後にシリンダーを変更することなく、工事中に使用した鍵では施解錠できなくするシステムを、コンストラクションキーシステムという。
   4 .
各々の錠をそれに対応する個別の鍵のみで施解錠できるシステムを、同一キーシステムという。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 6 問59 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
37
評価しない
1.〇 マスターキーシステムは、ホテル客室の鍵をイメージしてください。
客室係は一本の鍵でどの部屋の錠も開けることができます。

2.〇 逆マスターキーは、マンションのエントランスをイメージしてください。
持っている鍵は違うものでも居住者なら誰でも開錠できます。

3.〇 コンストラクションキーは簡単な操作によって使用する鍵を切り替えることで工事中に使用していた鍵が使えなくなるシステムです。

4.× 同一キーシステムは、2世帯住宅などで、それぞれの世帯で同じ鍵を使用して施解錠できるシステムの事です。
最近ではメーカーの違う鍵でも同一にできる場合もあるようです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
1.◯ マスターキーシステムとは鍵が複数個ある場合に、1本の鍵で施解錠できるシステムでこの鍵をマスターキーという。

2.◯ 複数個の異なった鍵のいずれのものでも、特定の鍵だけ施解錠できるシステムを、逆マスターキーシステムという。

3.◯ コンストラクションキーシステムとは、建物の施工中のみ使用できるキーを使用し、施工後はシリンダーを取り替えずに簡単な操作で一般の状態にするキーシステム。

4.✕ 同一キーシステムとは、限定された錠を同一番号にして1本の鍵で施解錠できるシステム。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。