過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問78を出題

問題

[ 設定等 ]
建設機械に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
タイヤローラは、鉄などを用いたバラストの付加重量やタイヤの空気圧を変えることにより、接地圧を調節できる。
   2 .
バックホウでダンプトラックに土砂を積み込む場合、ダンプトラックの運転席の上を旋回せず、荷台の後方から旋回する。
   3 .
バックホウによる足元の掘削は、法肩崩壊時の危険回避のため、クローラ横向き掘削で行う。
   4 .
振動ローラは、振動数などを変えることにより、材料の性状に応じた締固めができる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問78 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
正解は【3】です。

1.タイヤローラーは、大型のゴムタイヤを前後に配する締め固め用機械です。
鉄などを用いたバラストの付加重量やタイヤの空気圧を変えることで、接地圧を調整することができ、広範囲の土質に対応することができます。

2.バックホウでダンプトラックに土砂を積み込む場合、ダンプトラックの運転席の上を旋回すると土砂が崩落する危険性があるため、荷台の後方から旋回するようにします。

3.バックホウで足元の掘削を行う場合、クローラは横向きよりも縦向きの方が安定して掘削を行うことができます。
法肩崩壊時の危険回避のためには、クローラを縦向きとして掘削を行います。

4.振動ローラーは、振動機によって振動を発生させる機械です。
振動数を変えることで、地盤材料の性状に応じた締め固めを行うことが可能となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1.◯ タイヤローラは、鉄などのバラストの付加重量やタイヤの空気圧を変え、接地圧を調節できる。

2.◯ バックホウでダンプトラックに土砂を積み込む場合は、バックホウはダンプトラックの運転席上空では安全のために旋回させてはならない。

3.✕ バックホウによる足元の掘削は、法肩崩壊時の危険回避のため、クローラ縦向き掘削で行う。

4.◯ 振動ローラは、材料の性状に応じた締固めを行うため、振動数などを調整することができる。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。