過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問80を出題

問題

[ 設定等 ]
次の工事とそれに関連する工法との組合せとして、最も不適当なものはどれか。
   1 .
場所打ち杭工事 ----- リチャージ工法
   2 .
山留め工事 --------- タイロッドアンカー工法
   3 .
鉄筋工事 ----------- 機械式継手工法
   4 .
鉄骨工事 ----------- ロックウール吹付け工法
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問80 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない

正解は【1】です。

1.リチャージ工法は、復水工法ともいい、工事現場周辺の地盤沈下や井戸枯れなどの発生が予想される場所に有効な地下水処理(土工事)の工法です。

2.タイロッドアンカー工法は、山留め工事におけるアンカー工法の一種です。

3.機械式継手工法は、鉄筋の継手で用いられる工法で、鉄筋工事に関連する工法です。

4.ロックウール吹付け工法は、鉄骨工事の耐火被覆に用いられる工法です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。