過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 8 問93を出題

問題

[ 設定等 ]
せっこうボード張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
壁の二重張りにおいて、上張りのボードは接着剤とステープルを併用して張り付けた。
   2 .
天井の仕上張りは、中央部より張り始め、周囲に向かって張り進めた。
   3 .
軽量鉄骨天井下地への張付けは、鋼製下地の裏面に10mm以上の余長が得られる長さのドリリングタッピンねじを用いた。
   4 .
壁のせっこう系直張り用接着材の1回の練混ぜ量は、2時間で使い切る量とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問93 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
35
評価しない
1.◯ ボード類を下地張りの上に張る場合、接着剤を主とし、小ねじ類やタッカーによるステープル等の間隔は、縦、横200~300mm程度で留め付ける。

2.◯ 天井の仕上張りは、中央部より張り始め、周囲に向かって張り進める。

3.◯ 軽量鉄骨天井下地への張り付けは、鋼製下地裏側に十分な余長(10mm程度)が得られるドリリングタッピンねじを用いる。

4.✕ 壁のせっこう系直張り用接着剤の1回の練混ぜ量は、1時間で使い切る量とする。接着剤は練り混ぜてから2時間程度で硬化する。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は【4】です。

1.壁の二重張りは、下張りを横張り、上張りを縦張りとします。
上張りのボードは、接着剤を主としてステープルやタッカー等を併用して張り付けを行います。

2.天井の仕上張りは、中央部より張り始め、周囲に向かって張り進めます。

3.軽量鉄骨天井下地への張付けは、鋼製下地の裏面に10mm以上の余長が得られる長さのドリリングタッピンねじを用います。

4.壁のせっこう系直張り用接着材の1回の練混ぜ量は、張り付けするボード1枚分とします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。