過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 3 問30を出題

問題

[ 設定等 ]
塗装工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
強溶剤系の塗料をローラーブラシ塗りとするため、モヘアのローラーブラシを用いた。
   2 .
木部のクリヤラッカー塗りの下塗りに、ウッドシーラーを用いた。
   3 .
スプレーガンは、塗面に平行に運行し、1行ごとに吹付け幅が1/3ずつ重なるようにした。
   4 .
鉄鋼面の合成樹脂調合ペイントの上塗りの塗付け量は、0.08kg/m2とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 3 問30 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
正解は1です。

強溶剤系の塗料は自然素材のものを溶かしてしまうため、合成繊維のものを採用します。
モヘアのローラーブラシは水性の塗料に用います。

2.木部のクリヤラッカー塗りの下塗りには、ウッドシーラーを用います。

3.スプレーガンは、塗面に平行に運行し、1行ごとに吹付け幅が1/3ずつ重なるように吹付けます。
また、一回目と二回目の吹付け方向は互いに直交するようにして、むらが出来ないよう仕上げます。

4.鉄鋼面の合成樹脂調合ペイントの上塗りの塗付け量は、0.08kg/m2とし、中塗りは0.09kg/m2とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
1.× 強溶剤系塗料とは、シンナーを多く使用している塗料です。
乾きが早く、塗っているそばからどんどん乾きます。
ローラーで塗ると、塗りむらが出やすいです。
モヘアは山羊やアンゴラの毛を主原料としていて、強溶剤系塗料とは馴染みません。

2.〇 木部のクリアラッカー仕上げには下塗りにウッドシーラー、中塗りにサンジングシーラーを用います。

3.〇 スプレーガンは、塗面に平行に、50~100cm程度離して使用します。

4○ 鉄鋼面の合成樹脂調合ペイント上塗りは、塗り付け量0.08kg/㎡です。中塗は2回とも0.09kg/㎡です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。