過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 3 問32を出題

問題

[ 設定等 ]
カーテン工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
レースカーテンのカーテンボックスは、窓幅に対して片側各々150mm長くした。
   2 .
カーテンレールがダブル付けのカーテンボックスの奥行き寸法は、100mmとした。
   3 .
中空に吊り下げるカーテンレールの吊り位置は、間隔を1m程度とし、曲り箇所及び継目部分にも設けた。
   4 .
カーテンレールに取り付けるランナーの数は、1m当たり8個とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 3 問32 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正解は2です。
カーテンレールのカーテンボックスの奥行き寸法は、
シングル付けでは、
100mm以上。
ダブル付けでは、
180mm以上です。

ダブル付けで100mmは間違いです。

1.レースカーテンのカーテンボックスは、窓幅に対して片側各々100~150mm程長くします。
また遮光カーテンの場合は、遮光用ボックスとして長さを十分にとります。

3.中空に吊り下げるカーテンレールの吊り位置は、1m間隔とし、曲り箇所及び継目部分にも設けます。

4.カーテンレールに取り付けるランナーの数量目安は、1mに8個程度です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

最も不適当なものは2です。

1.レースカーテンのカーテンボックスは、窓幅に対して片側各々窓幅に対して片側各々150mm程度大きくします

2.カーテンレールがダブル付けのカーテンボックスの奥行き寸法は、シングルで100mm以上ダブルで150mm以上となります。

3.問題文の通りです。中空に吊り下げるカーテンレールの吊り位置は間隔を1m程度とし、曲り箇所及び継目部分にも設けます

4.問題文の通りです。ランナーとはカーテンフックを取り付ける部品で、カーテンレールの下に付いています。カーテンレールに取り付けるランナーの数は、1m当たり8~10個となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。