過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者「給水装置工事事務論」の過去問を出題

問題

給水装置工事における給水装置工事主任技術者( 以下、本問においては「主任技術者」という。 )の職務に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  主任技術者は、給水装置工事の事前調査において、酸・アルカリに対する防食、凍結防止等の工事の必要性の有無を調べる必要がある。
イ  主任技術者は、施主から使用を指定された給水管や給水用具等の資機材が、給水装置の構造及び材質の基準に関する省令の性能基準に適合していない場合でも、現場の状況から主任技術者の判断により、その資機材を使用することができる。
ウ  主任技術者は、道路下の配管工事について、通行者及び通行車両の安全確保の他、水道以外のガス管、電力線及び電話線等の保安についても配慮を求められる。
エ  主任技術者は、給水装置工事における適正な竣工検査を確実に実施するため、自らそれにあたらなければならず、現場の従事者を代理としてあたらせることはできない。
   1 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
   2 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
   3 .
ア:正  イ:正  ウ:誤  エ:誤
   4 .
ア:誤  イ:誤  ウ:正  エ:正
( 給水装置工事主任技術者試験 平成27年度(2015年) 給水装置工事事務論 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
「ア」「ウ」は記述どおりです。

「イ」について、給水装置は、給水装置の構造及び材質の基準に関する省令の性能基準に適合している必要があります。記述に誤りがあります。

「エ」水道事業者は、主任技術者に立会を求めることはできるが、必ずしも立会をする必要はない(法25条の9)とされているため、記述に誤りがあります。

答えは【2】です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
【解答:2】
ア:正しい。記述のとおりです。

イ:誤り。
給水装置の構造及び材質の基準に関する省令の性能基準に適合していない場合には、使用することはできません。

ウ:正しい。記述のとおりです。

エ:誤り。
水道法第25条の9に『
水道事業者は、〜主任技術者を検査に立ち会わせることを求めることができる。』とあり、必ず立ち合いが必要ではなく、代理でも可能です。

〜以下、抜粋〜
(給水装置工事主任技術者の立会い)
第二十五条の九 水道事業者は、第十七条第一項の規定による給水装置の検査を行うときは、当該給水装置に係る給水装置工事を施行した指定給水装置工事事業者に対し、当該給水装置工事を施行した事業所に係る給水装置工事主任技術者を検査に立ち会わせることを求めることができる。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。