過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者「給水装置の概要」の過去問を出題

問題

給水用具に関する次のア~エの記述のうち、適当なものの数はどれか。

ア  ばね、オリフィス、ニードル式等による流量調整機構によって、一次側の圧力にかかわらず流量が一定になるように調整する給水用具を定流量弁という。
イ  複式逆流防止弁は、個々に独立して作動する二つの逆流防止弁が組み込まれ、その弁体はそれぞればねによって弁座に押しつけられているので、二重の安全構造となっている。
ウ  管内に負圧が生じた場合に自動的に多量の空気を吸気して給水管内の負圧を解消する機能を持った給水用具を吸排気弁という。なお、管内に停滞した空気を自動的に排出する機能を合わせ持っている。
エ  スイング式逆止弁は、弁体が弁箱又は蓋に設けられたガイドによって弁座に対し垂直に作動し、弁体の自重で閉止の位置に戻る構造のものである。
   1 .
1
   2 .
2
   3 .
3
   4 .
4
( 給水装置工事主任技術者試験 平成27年度(2015年) 給水装置の概要 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
「ア」「イ」「ウ」は記述どおりです。

「エ」について、弁体が弁箱⼜は蓋に設けられたガイドによって弁座に対し垂直に作動し、弁体の⾃重で閉⽌の位置に戻る構造の給水用具のことをリフト式逆止弁と言います。「エ」の記述は誤っています。

答えは【3】です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
【解答:3】

ア:正しい。記述のとおりです。

イ:正しい。記述のとおりです。

ウ:正しい。記述のとおりです。

エ:誤り。
エの記述は『リフト式』逆止弁の説明です。
スイング式逆止弁は、弁体がヒンジピンを支点としており、自重で弁座面に圧着し、通水時には弁体が押し開かれ、逆圧によって自動的に閉まる構造となっています。
リフト式に比べ損失水頭が小さく、立て方向の取付けが可能であり、使い勝手に優れています。
しかし、長期間使用すると水に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類化合物の付着(スケール)による機能低下や水撃圧等による異常音の発生することがあり、気をつける必要があります。

したがって、答えは【3】になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。