過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者「平成29年度(2017年)」の過去問をランダムに出題

問題

建築基準法に規定されている配管設備などの技術的基準に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。
   1 .
コンクリートへの埋設などにより腐食するおそれのある部分には、その材質に応じ有効な腐食防止のための措置を講ずる。
   2 .
いかなる場合においても、構造耐力上主要な部分を貫通して配管してはならない。
   3 .
圧力タンク及び給湯設備には、安全装置を設ける必要はない。
   4 .
エレベーターの昇降路内に給水の配管設備を設置しても問題ない。
( 給水装置工事主任技術者試験 平成29年度(2017年) 給水装置施工管理法 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
【解答 : 1 】

1 : 記述のとおりです。
建築基準法施行令第129条の2の4第1項第1号に
『コンクリートへの埋設等により腐食するおそれのある部分には、その材質に応じ有効な腐食防止のための措置を講ずること。』
と定められているため、適当です。

2 : 誤りです。
建築基準法施行令第129条の2の4第1項第2号に
『構造耐力上主要な部分を貫通して配管する場合においては、建築物の構造耐力上支障を生じないようにすること。』
と定められており、構造耐久力に支障が生じないように対策をすればよいということになります。

3 : 誤りです。
建築基準法施行令第129条の2の4第1項第4号に
『圧力タンク及び給湯設備には、有効な安全装置を設けること。』
と定められており、安全装置を設けなければならないとされています。

4 : 誤りです。
建築基準法施行令第129条の2の4第1項第3号に
『第百二十九条の三第一項第一号又は第三号に掲げる昇降機の昇降路内に設けないこと。〜以下省略』
と定められているため、昇降機内に給水設備は基本的に設けられません。

したがって、答えは【1】になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。