過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者「公衆衛生概論」の過去問をランダムに出題

問題

平成 8 年 6 月埼玉県越生町において、水道水が直接の感染経路となる集団感染が発生し、約 8,800 人が下痢等の症状を訴えた。この主たる原因として、次のうち、適当なものはどれか。
   1 .
病原性大腸菌 O157
   2 .
赤痢菌
   3 .
クリプトスポリジウム
   4 .
ノロウイルス
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 公衆衛生概論 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
【解答:3】
平成8年6月に埼玉県越生町で、水道水によるクリプトスポリジウム症の大規模な集団感染が発生しました。
全住民に対して健康調査をした結果、8800人以上が下痢や腹痛を発病しました。
患者の発生が町全体に渡ることから、町全体に共通して関係する水道水を疑うことになり、結果、不適切な浄水場処理により下流の浄水場で取水した水にクリプトスポリジウムが混入したものと推定されています。
国内で初めて水道水を介しての集団感染となりました。

したがって答えは【3】になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。