過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

看護師の過去問「第32089問」を出題

問題

[ 設定等 ]
老年期の身体的な特徴で正しいのはどれか。
   1 .
尿量の増加
   2 .
味覚の感度の向上
   3 .
体温調節能の低下
   4 .
外来抗原に対する抗体産生の亢進
( 看護師国家試験 第106回 午前 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1 . 尿量の増加は✖
加齢に伴い排泄機能が低下し、尿量は減少します。


2 . 味覚の感度の向上は✖
加齢に伴い味覚を感じる味蕾の数が減少し、味覚の感度は低下します。


3 . 体温調節能の低下は〇
加齢に伴い自律神経の働きも低下し、体温調節機能は低下します。


4 . 外来抗原に対する抗体産生の亢進は✖
加齢に伴い、抗体産生能力が低下します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:3
1、加齢とともに腎機能が低下するため、尿量は減少しますが、回数は増えます。

2、高齢期では、味蕾の減少によって味覚の感度は低下します。

3、高齢になると筋肉量の低下や代謝の低下、体内の生理機能の低下などによって、体温の調節する機能が低下します。

4、加齢のため、T細胞が減ってしまいます。そのため、B細胞は抗体を生産する事ができなくなり、抗体の生産は減少します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。
体温調節能とは、暑さ、寒さに対して身体が反応し、体温を調節する力です。通常、人は暑さに対しては発汗させる、寒いと皮膚の血流量を増加させて体温を調節しています。しかし、老年期の身体では、暑くても汗をかきにくく、汗の量も少なくなります。また暑さや寒さに対して血流量を調節する力が低下するため、うまく調節することができなくなります。

1.尿量の増加:加齢とともに排泄機能が低下するため、尿量は減少します。
2.味覚の感度の向上:加齢とともに味蕾の細胞が減少したり、感度がにぶくなったりします。
4.外来抗原に対する抗体産生の亢進:加齢に伴い免疫機能も老化します(免疫老化)。免疫老化において最も特徴的なのは、特異的抗原に対する抗体産生の低下です。特にT細胞は老化の影響を受けやすいとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この看護師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。