過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

一級建築士の過去問「第40366問」を出題

問題

[ 設定等 ]
都市計画区域内における次の行為のうち、建築基準法上、確認済証の交付を受ける必要がないものはどれか。ただし、建築等に関する確認済証の交付を受ける必要がない区域の指定はないものとする。
   1 .
鉄骨造、延べ面積100m2の、屋外観覧場の新築
   2 .
鉄筋コンクリート造、延べ面積500m2、地上3階建ての物品販売業を営む既存の店舗内における、エレベーター(認証型式部材等に該当するもの)の設置
   3 .
鉄骨造、延べ面積200m2、平家建ての事務所の、屋根の過半の修繕
   4 .
木造、延べ面積300m2、高さ8m、地上2階建ての共同住宅の、寄宿舎への用途の変更(大規模の修繕又は大規模の模様替を伴わないもの)
( 一級建築士試験 平成30年(2018年) 学科3(法規) )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1.観覧のための工作物である屋外観覧場は建築物であり、都市計画区域内で建築物を建築しようとする場合、確認済証の交付を必要とします。法第6条第1項第四号
2.政令で指定する昇降機で、法第6条第1項第一号~第三号に該当する建築物に建築する場合には、確認済証の交付を必要とします。
3.の記載内容の屋根の過半の修繕は、法第6条第1項のいずれにも該当しませんので、確認済証の交付を必要としません。
4.共同住宅から寄宿舎(法第6条第1項第一号の特殊建築物)に用途の変更をする場合には、確認済証の交付を必要とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1. 都市計画区域内で建築物を建築しようとする場合においては確認済証の交付を受ける必要があります。(法第6条第1項第四号)
2. 政令で指定する昇降機を法第6条第1項第一号から第三号に該当する建築物に設ける場合においては確認済証の交付を受ける必要があります。(法第87条の2、令第146条第1項第一号)
3. 法第6条第1項のいずれにも該当しない為、確認済証の交付を受ける必要はありません。
4. 建築物の用途を変更して法第6条第1項第一号の特殊建築物とする場合は、確認済証の交付を受ける必要があります。(法87条第1項)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この一級建築士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。