過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問「第43093問」を出題

問題

[ 設定等 ]
道路のアスファルト舗装の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
転圧終了後の交通開放は、舗装表面の温度が一般に70℃以下になってから行う。
   2 .
敷均し時の混合物の温度は、一般に110℃を下回らないようにする。
   3 .
二次転圧は、一般に8〜20tのタイヤローラで行うが、振動ローラを用いることもある。
   4 .
タックコートの散布量は、一般に0.3〜0.6ℓ/m2が標準である。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(後期) 土木 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
1)適当ではありません。
転圧終了後、交通開放時には舗装表面温度は50℃以下とされます。(気温5℃以下の寒冷期は若干高めでも良い)
70℃は二次転圧終了時の温度(70℃~90℃)とされています。

2)適当です。
敷均し時の混合物の温度は、粘度にもよりますが一般に110℃を下回らないようにします。
この温度を下回るとアスファルト内の間げき率が高くなります。

3)適当です。
二次転圧は、8〜20tのタイヤローラを用いて時速2~6km、または6~10tの振動ローラを用いて時速3~8kmで行います。

4)適当です。
タックコートは路盤や基層表面などに安定処理として瀝青(れきせい)材料を均一散布することです。
散布量は一般に0.3〜0.6Ⅼ/㎡が標準とされます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1)適当ではありません。
交通開放は50℃以下になってからです。舗装の施工は温度管理が重要で、初転圧時110~140℃、二次転圧終了時70~90℃となるように施工します。

2)適当です。
敷き均しには人力施工と機械施工がありますが、現在はアスファルトフィニッシャによる機械施工がほとんどです。110℃を下回らないように、均一な厚さに敷均します。

3)適当です。
二次転圧に6~10tの振動ローラを用いることもあります。振動ローラはタイヤローラより少ない転圧回数で所定の締固めが得られますが、作業速度が速すぎると締固め効果が減少し、平坦な仕上がりを期待できなくなります。適切な速度で作業することが重要です。

4)適当です。
タックコート用の瀝青材料としては、アスファルト乳剤(PK-4)などが用いられます。散布後は異物が付着しないようにし、水分がなくなったらなるべく早く表層などを舗装します。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1〇
アスファルト舗装の50度以下になってから解放します

1次転圧の温度は110~140度です

2次転圧には8~20tのタイヤローラ又は6~10tの振動ローラを用います。

タックコートとは表層と下層、中間層、基層の接着や継ぎ目部や構造物の付着をよくするものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。