過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問「第43107問」を出題

問題

[ 設定等 ]
労働安全衛生法上、労働基準監督署長に工事開始の14日前までに計画の届出を必要としない仕事は、次のうちどれか。
   1 .
掘削の深さが7mである地山の掘削の作業を行う仕事
   2 .
圧気工法による作業を行う仕事
   3 .
最大支間50mの橋梁の建設等の仕事
   4 .
ずい道等の内部に労働者が立ち入るずい道等の建設等の仕事
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(後期) 土木 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は1
掘削の深さが10m以上の地山掘削の作業を行う仕事の時に必要となります。
その他に届け出が必要になる仕事は以下の通りです。
• 高さ31mを超える建築物又は工作物(橋梁を除く)の建設、改造、解体又は破壊の仕事
• 最大支間50m以上の橋梁の建設等の仕事 • 最大支間30m以上50m未満の橋梁の上部構造の建設等の仕事(人口が集中している地域内における道路上もしくは道路に隣接した場所また は鉄道の軌道上もしくは鉄道の軌道に隣接した場所において行われるものに限る。)
• ずい道等の建設等の仕事(ずい道等の内部に労働者が立ち入らないものを除く)
• 掘削の高さ又は深さが10m以上である地山の掘削(ずい道等の掘削及び岩石の採取のための掘削を除く。以下同じ)の作業(掘削機械を用い る作業で、掘削面の下方に労働者が立ち入らないものを除く)を行う仕事
• 圧気工法による作業を行う仕事
• 建築基準法第2条第9号の2に規定する耐火建築物又は準耐火建築物で、「石綿等」が吹き付けられているものにおける石綿等の除去の作業を 行なう仕事
• 廃棄物焼却炉(火格子面積が2㎡以上又は焼却能力が1時間あたり200kg以上のものに限る)を有する廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物 焼却炉、集じん機等の設備の解体等の仕事
• 掘削の高さ又は深さが10m以上の土石の採取のための掘削の作業を行なう仕事
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1)必要としません。
掘削工事及び土砂砕石工事(ずい道などの掘削や岩石採取のための掘削を除く)については地山の掘削高さまたは深さが10m以上となる場合に届出が必要になるので、7mの掘削工事には届出は必要ありません。

※労働安全衛生規則 第九章 監督等
 第九十条 仕事の範囲 第四項

2)必要とします。
潜函やシールド工事において、圧気工法による作業を行う全ての仕事のうち、厚生労働大臣に届出するもの以外が必要となります。

※労働安全衛生規則 第九章 監督等
 第九十条 仕事の範囲 第五項

3)必要とします。
橋梁の建設などで、最大支間50m以上1,000m未満または最大支間30m以上50m未満の上部構造に関する工事は届出が必要となります。

※労働安全衛生規則 第九章 監督等
 第九十条 仕事の範囲 第二項の一及び二

4)必要とします。
ずい道(トンネル)などで内部に作業員が入るもの全ての工事のうち、厚生労働大臣に届出するもの以外が必要となります。

※労働安全衛生規則 第九章 監督等
 第九十条 仕事の範囲 第三項


※労働安全衛生規則の第九十条は、労働安全衛生法の第八十八条「計画の届出等 第三項」の、14日以内に届出が必要な「建設業その他政令で定める業種に属する事業の仕事」の範囲を示しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。