過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問 平成30年度(前期) 土木 問26

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ケーソン式混成堤の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
ケーソンの底面が据付け面に近づいたら、注水を一時止め、潜水士によって正確な位置を決めたのち、ふたたび注水して正しく据え付ける。
   2 .
ケーソンの中詰め後は、波により中詰め材が洗い流されないように、ケーソンにふたとなるコンクリートを打設する。
   3 .
ケーソン据付け直後は、ケーソンの内部が水張り状態で重量が大きく安定しているので、できるだけ遅く中詰めを行う。
   4 .
ケーソンは、波浪や風などの影響でえい航直後の据付けが困難な場合には、波浪のない安定した時期まで沈設して仮置きする。
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 平成30年度(前期) 土木 問26 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
10
評価しない
正解は「3」です。
ケーソンの据え付け後は、できるだけ早く中詰を行う必要があります。

1.正しいです。
均等に注水しゆっくり沈めていき、
設置位置の微調整をした後、再度注水して土台上にケーソンを設置します。

2.正しいです。
ケーソンの中に均等に砕石を詰めたら、
コンクリートミキサー船を利用してコンクリートの蓋を施工します。

4.正しいです。
仮置きする場合、ケーソン内に注水して沈設し、仮置きをします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1)正解です。
上記の通りの施工で問題ありません。
2)正解です。
上記の通りの施工で問題ありません。
3)誤りです。
出来るだけ早く中詰めを行います。
4)正解です。
上記の通りの施工で問題ありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3
ケーソン据付け直後は,ケーソンの内部が水張り状態で重量が大きく安定しているので,できるだけ遅く中詰めを行います。
ケーソン式混成提の長所は
・水深の大きい箇所、比較的軟弱な地盤にも適します。
・捨石部と直立部の高さを調節して、経済的な構成にすることができます。
・堤体を透過する波が少ないです。
短所は
・洗堀が起こりやすい
・施工法と施工設備が多様になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。