過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級土木施工管理技術の過去問 令和3年度(前期) 土木5 問169を出題

問題

[ 設定等 ]
A工区、B工区における測定値を整理した下図のヒストグラムについて記載している下記の文章中の(   )の( イ )から( ニ )に当てはまる語句の組合せとして、適当なものは次のうちどれか。

・ヒストグラムは測定値の( イ )の状態を知る統計的手法である。
・A工区における測定値の総数は( ロ )で、B工区における測定値の最大値は、( ハ )である。
・より良好な結果を示しているのは( ニ )の方である。
問題文の画像
   1 .
イ:ばらつき   ロ:100  ハ:25  ニ:B工区
   2 .
イ:時系列変化  ロ: 50  ハ:36  ニ:B工区
   3 .
イ:ばらつき   ロ:100  ハ:36  ニ:A工区
   4 .
イ:時系列変化  ロ: 50  ハ:25  ニ:A工区
( 2級土木施工管理技術検定学科試験 令和3年度(前期) 土木5 問169 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない

正解は「3」です。

バラツキを持つデータの全体の姿をつかむのがヒストグラムの特徴です。

個数は、n値で表現されています。

B工区の最大値は、横軸より36であることがわかります。

平均値とグラフ中心が近似を示していることから、A工区のほうが良好を示しています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

3が正答です。

ヒストグラムは横軸に品質管理の範囲を区間分けして、縦軸にデータ度数を示すことで

工程の状態やばらつきを把握することができます。

良好なヒストグラムは、規格値内に分布があってゆとりがあることや、

つり鐘形に分布して平均値と中心が一致することなどが挙げられます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。