過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級電気工事施工管理技士の過去問 令和2年度(2020年) 3 問50を出題

問題

[ 設定等 ]
給水設備の飲料用受水槽に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
水槽のオーバーフロー管及び通気管の末端には、耐食性の防虫網を取り付けた。
   2 .
水槽の側面には保守点検のために、60cmのスペースを設けた。
   3 .
水槽の上面には保守点検のために、80cmのスペースを設けた。
   4 .
水槽内の給水流入口端とオーバーフロー管下端との間に、吐水口空間を設けた。
( 1級 電気工事施工管理技術検定試験 令和2年度(2020年) 3 問50 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は、3 です。

水槽の上面には保守点検のために、100cm以上のスペースを設けなければなりません。

他の、1・2・4 は正しく述べています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

正解は【3】です。

受水槽の保守スペースとして、

側面4面と底部には60cm以上、上部は100cm以上設けないといけません。

(3)の上面80cmは不適当です。

(1)受水槽内に虫が入るのを防ぐ為、防虫網を設けます。

(4)汚水が逆流して受水槽内に入らないよう、既定の吐水口空間が必要です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。