過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級電気工事施工管理技士の過去問 令和2年度(2020年) 3 問49を出題

問題

[ 設定等 ]
空気調和設備の熱源機器に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
吸収冷温水機は、冷媒に臭化リチウム水溶液が用いられている。
   2 .
吸収冷温水機は、油やガスなどを燃焼させて、冷水をつくることができる。
   3 .
ヒートポンプは、冷房用及び暖房用として兼用される熱源機器である。
   4 .
ヒートポンプは、採熱方法の違いにより、空気熱源式や水熱源式などに区分される。
( 1級 電気工事施工管理技術検定試験 令和2年度(2020年) 3 問49 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
正解は、1 です。

吸収冷温水機で冷媒として用いられているのは水です。

吸収冷温水機では臭化リチウム水溶液が使用されていますが、目的は水蒸気から水を吸収するためであり冷媒としてではありません。

他の、2・3・4 は正しく述べています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は【1】です。

吸収冷温水器は、冷媒にフロンに変わって、水を使用します。

水は大気圧では100℃で沸騰、蒸発しますが、真空状態では約6℃ほどで蒸発します。

蒸発する際に周りの熱を奪う原理を利用した、冷房システムです。

臭化リチウムは水を吸収しやすい特性をもっています。

水→水蒸気→水の循環過程において、水蒸気を集める役割に利用されます。

冷媒としては使用しませんので不適当です。

(2)水蒸気を作る際に、水を燃焼させるのに、燃料を使用します。

(3)(4)

ヒートポンプとは、エアコンなどに利用されている、

「熱は高い方から低い方に移動する」という性質を利用し、

冷媒体を圧縮し高温にして暖房に使用したり、

膨張させ周りの熱を奪い、冷房に使用したりします。

また熱源の違いにより、空気を熱源にした空冷式(エアコン等)、

水を熱源にした水冷式があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。