過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級電気工事施工管理技士の過去問 令和4年度(2022年) 午前 ニ 問57

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
下請負人が請け負った工事の一部を第三者に請け負わせた場合、元請負人に対して、その契約に関し遅滞なく書面をもって通知する事項として、「建設工事標準下請契約約款」上、定められていないものはどれか。
   1 .
現場代理人及び主任技術者の氏名
   2 .
安全管理者の氏名
   3 .
工期
   4 .
請負代金額
( 1級 電気工事施工管理技術検定試験 令和4年度(2022年) 午前 ニ 問57 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

6

この問題で覚えておくポイントは以下の通りです。

選択肢1. 現場代理人及び主任技術者の氏名

正しいです。

選択肢2. 安全管理者の氏名

正しいです。

選択肢3. 工期

正しいです。

選択肢4. 請負代金額

誤りです。

「建設工事標準下請契約約款」には、請負代金額の通知はありません。

付箋メモを残すことが出来ます。
5

「建設工事標準下請契約約款」からの出題です。

第8条(下請負人の関係事項の通知)には、次のように規定されています。

(条文を見やすく改造していますので、原文通りではありません。)

【 下請負人が工事の全部または一部を第三者に委任か請け負わせた場合、下請負人は、元請負人に対して、その契約に関して次に掲げる事項を、遅滞なく書面で通知します。

1. 受任者氏名か請負者氏名と住所

2. 建設業許可番号

3. 現場代理人氏名と主任技術者氏名

4. 雇用管理責任者氏名

5. 安全管理者氏名

6. 工事の種類と内容

7. 工期

8. 受任者又は請負者が工事現場に使用する一日当たりの平均作業員数

9. 受任者又は請負者が工事現場に使用する作業員の賃金支払方法

10. その他元請負人が、工事の適正な施工上、必要と認めて指示する事項 】

選択肢1. 現場代理人及び主任技術者の氏名

〇 正しいです。

現場代理人及び主任技術者の氏名は、3項目です。

選択肢2. 安全管理者の氏名

〇 正しいです。

安全管理者の氏名は、5項目です。

選択肢3. 工期

〇 正しいです。

工期は、7項目です。

選択肢4. 請負代金額

× 誤りです。

書面で通知する10項目にはありません。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。