過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級電気工事施工管理技士の過去問 令和元年度(2019年)後期 3 問36を出題

問題

[ 設定等 ]
図に示す送電用鉄塔基礎のうち逆T字型基礎として、適当なものはどれか。
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 2級 電気工事施工管理技術検定試験 令和元年度(2019年)後期 3 問36 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
送電用鉄塔を安定して設置するために様々な基礎が使われています。

問題にある図は、以下の通りです。

1 :逆T字型基礎
 もっとも良く使われる基礎です。
 鉄塔の足ごとに、逆T字型の基礎を作ります。

2 :べた基礎
 鉄塔の足をつなげる形で基礎を作ります。
 一体化させることで不等沈下(各足の沈み方が不均一になり鉄塔が傾くこと)を防止します。

3 :杭基礎
 地盤が固い支持層まで杭を打ち込み、杭の上に基礎を作ります。
 表層が軟弱な地盤でも、安定させることができます。

4 :深礎基礎
 傾斜があるため他の基礎では安定させにくい場所で使われます。
 円筒形の深い穴を掘り基礎を作りますが、必ずしも杭基礎のように支持層まで届かせるわけではありません。

ということで問題の中で逆T字型基礎は、1 となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
適当は1番です。
基礎の形が逆T字型となっています。

2番は、べた基礎の為、不適当です。

3番は、くい基礎の為、不適当です。

4番は、深礎基礎の為、不適当です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級電気工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。