過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護記録に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
筆記用具として、鉛筆を用いた。
 2 . 
行なった介護記録に、記録者の署名をした。
 3 . 
利用者が、施設を退所するときに、利用者記録を破棄した。
 4 . 
記録者の憶測を含めて、利用者の反応を記録した。
 5 . 
訂正、記録を修正液で消してから行なった。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は2です。
記録は公のものです。
改ざんできないように鉛筆ではなく消えないボールペンなどで記載し、訂正には修正液ではなく二重線を使います。
記録は主観を交えず客観的に行う必要があります。
記録者がわかるように、記録には署名を行いましょう。

2014/09/28 21:47
ID : bqzuosqqxo
0

正解は 2 です。

1.× 簡単に消せる鉛筆では、あってはならないですが記録の改ざんなどがあり得ます。ボールペンなどの消えない筆記用具を使用します。

2.○

3.× サービス終了日から2年間の保存が義務付けられています。鍵のかかるロッカーなどで保管します。

4.× 記録には記録者の憶測や主観は必要ありません。記録には、ありのままを客観的に簡潔に残します。

5.× 記録の訂正は二重線で消して上から訂正印をします。

2016/03/25 12:41
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。