過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) レクリエーション活動援助法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
一人っ子のFさん(39歳、男性)は、スポーツ万能で成績も優秀であった。大学卒業後、大手企業に勤務していた。結婚を3ヵ月後に控えた29歳の時、プールへ飛び込んだ際、頚髄を損傷して四肢麻痺となった。受傷前は婚約者と映画を一緒に見に行ったり、自分たちの子供を夢見て語り合ったりしていたが、受傷から1年後、自ら婚約を破棄した。
2年前の37歳の時に身体障害者療養施設に入所した。パソコンで各種ホームページを見る生活が中心であり、施設内での行事への参加には積極的ではないが、様々な情報を収集して施設内で啓発する役割には生きがいをもっている。最近「若いころは楽しかった」と漏らす。昨年、父を亡くした際、「親戚、友人や同窓生に会いたくない」と通夜や葬式の参列を拒んだことから、唯一の肉親である母親との面会は途絶えている。パソコンでメールをやりとりしている友達はいるが、自分に障害があることを伝えてはいない。

【問題】
今後のFさんに対する社会参加を推進するためのレクリエーション活動授助に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

 1 . 
施設内のクラブやサークルへの参加を働きかける。
 2 . 
同窓会に積極的に参加するよう働きかける。
 3 . 
近隣のイベント情報を入手し、施設や他の利用者に発信するよう働きかける。
 4 . 
映画鑑賞会を企画し、パソコンで案内状を作成するよう働きかける。
 5 . 
インターネットを利用した交流を働きかける。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は2です。
問題文中に「親戚、友人や同級生に会いたくない」とあります。母親とも面会できていない状態です。昔の自分を知っている人と会うのはFさんにとっては、苦痛を感じるものかもしれないので、Fさんの変化を感じとれない段階で積極的に同窓会に参加させるのは適切ではありません。
Fさんは施設内での役割に生きがいを感じているため、1は適切です。また3~5は、Fさんの好きなこと、得意なこと、できることを生かしたものとして適切です。

2015/01/05 23:11
ID : wpoxudbb
1

正解は2です。
本人自ら望まず拒んでいる事に対して、あえて働きかけを行うことは援助として適切ではありません。

2016/04/09 01:26
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。