介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10813問 出題

問題

施設内感染に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
介護老人福祉施設の入居者Gさん(78歳、女性)が早朝から下痢と嘔吐を繰り返し、午前中に病院を受診し、その結果、ノロウイルス感染の疑いがあることが判明した。
入居者は50名。1ユニット10名が個室で生活し、GさんはユニットQに所属している。それぞれのユニットには共有の居間兼食堂、家庭用浴室がある。静養室は医務室の隣である、
ご飯、味噌汁はユニットごとに準備し、副食は厨房で調理している。
また、同日の午前中にはそれぞれのユニットから希望者が集まり、ホールで書道サークルが実施されていた。

【問題】
感染の拡大防止の対処方法に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。

A 入浴を毎日実施する。
B 手洗いの徹底を図る。
C Gさんを静養室に隔離する。
D 逆性石鹸で吐物を消毒する。
 1 . 
A B
 2 . 
A C
 3 . 
B C
 4 . 
B D
 5 . 
C D

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
7
評価しない
A☓ むしろ入浴は避けたほうがいいでしょう。もし入浴する必要があるのであればシャワーだけにするか、入浴する順番を最後にしましょう。
B◯ 手洗いの徹底は感染予防の基本です。とりわけ感染者の嘔吐物や排泄物を処理する時には、ゴム手袋、マスク、エプロンを身につけて行ってください。その後、直接触れていなかったとしても必ず石鹸で手洗いをしてください。正しい方法でしっかりと洗いましょう。
C◯ ノロウイルスの潜伏期間は、24-48時間です。主な症状として嘔吐、下痢、腹痛で、熱が出ることもあります。症状はたいてい2~3日で改善されていきます。ですから、6日間程度二次感染を防ぐため静養室に隔離するのが良いでしょう。
D☓ 逆性石けんはノロウィルスに効果はありません。次亜塩素酸ナトリウムの使用が効果的です。
評価後のアイコン
2014/12/27 11:50
ID : paksxhpn
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。
B(○)ノロウイルスに限らずですが、感染防止のために手洗いを徹底することは大切なことです。
C(○)ノロウイルスは感染力が非常に強いものです。発症した利用者から出た菌の飛散による二次感染や集団感染を防ぐためにもGさんを静養室に隔離することは適切な対応です。
評価後のアイコン
2016/04/05 01:03
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。