介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10816問 出題

問題

一人暮らしの高齢者の支援に関する次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Kさん(85歳、男性、要支援2)は5年前に妻を亡くし、自宅で一人暮らしをしている。以前は近くに住む友人とカラオケや将棋を楽しむなど活動的な日々を送っていたが、近ごろは足下がおぼつかなくなってきたため、自宅にいることが多くなった。商店街はバスを使わなければならない距離にある。会社員の長女は、他県に住んでいるが、週に1回は訪問して買い物や掃除など身の回りの世話をしている。Kさんは「できるだけ他人の力を借りずに、自分のことは自分でやっていきたい」と言っている。しかし、トイレに間に合わないことがあったり、大好きだった入浴も転倒を恐れ控えるようになってきており、生活に不安を抱くようになっている。週1回の介護予防通所リハビリテーション(以下「デイケア」という)と週1回の介護予防訪問介護を利用している。

【問題】
Kさんの排泄の支援に関する次の記述のうち、適切なものに〇、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。
A おむつの使用を勧める。
B 排尿のパターンを観察する。
C 間に合わない原因を医療職に相談する。
D 廊下やトイレに手すりを設置することについて話し合う。
 1 . 
A○ B○ C× D○
 2 . 
A○ B○ C× D×
 3 . 
A○ B× C○ D○
 4 . 
A× B○ C○ D○
 5 . 
A× B× C○ D×

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
7
評価しない
A☓ 尿意便意がある方におむつを使用する必要はありません。
B◯ 尿意をもよおした時に行っては間に合わないのであれば、排尿パターンを把握し、時間でトイレに行くことにより改善できることがあります。
C◯ 間に合わない原因が病気であれば治療をすることにより改善されることがあります。
D◯ 間に合わなくなった原因がKさんの身体機能上の不安や転倒に対する不安から来ている可能性もあります。安心して移動できるように手すりの設置を検討できるでしょう。
評価後のアイコン
2014/11/29 14:23
ID : paksxhpn
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。
Kさんは自らの意志でトイレを使用しいているが、間に合わないこともあるという状態です。尿意・便意がありトイレを使用しているのに、おむつを使用することは適切ではありません。
B・C・Dの対応は適切です。排尿パターンを観察することから間に合わない回数が減ることも考えられますし、排尿に関して問題がないか医師に相談してみることで改善することも考えられます。また手すりの設置はKさんの足元のおぼつかなさを考慮した対応と考えられるからです。
評価後のアイコン
2016/04/05 01:38
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。