過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24274問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔 事  例 〕
Mさん(71歳、女性)は、仕事を持つ息子と二人で生活している。最近、鍋を焦がすことがあったり、買物をして家に帰れなくなったりすることがあった。心配した息子が受診させたところ、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。要介護認定で要介護1となり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになった。Mさんは、訪問介護員(ホームヘルパー)と息子以外の人との接触はなく、テレビの前で過ごしていることが多い。心配した息子は、通所介護(デイサービス)を勧めたが、一人で通うことが不安で、利用を拒んでいた。このままだと認知症(dementia)が悪化するのではないかと息子の不安が大きくなっていた。問題115  息子は、Mさんが少しでも多く外出して、人と話すような機会を設けたいと考えて、訪問介護員(ホームヘルパー)に相談した。

Mさんは、訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に調理していたが、最近、途中で動作が止まってしまうことがあった。調理の途中で、動作が止まってしまうMさんへの支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  本人が調理動作を行うまで待つ。
2 .  本人に代わって調理を行う。
3 .  ジェスチャーを使って調理動作のヒントを出す。
4 .  調理動作が楽にできる自助具を用意する。
5 .  調理動作の手順書を渡して覚えてもらう。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 総合問題 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
正解は3です。

認知症の方の調理を支援するときには、次に行う手順を示したり、調理動作のヒントを出したりしながら支援を行うことが適切です。こういった支援から、自分なりの動きを思い出し、料理を続けるといったことがみられます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は3です。

Mさんは、遂行機能の低下で、何をすればいいのか悩んでいる状態と考えられます。
ジェスチャーでヒントを与えることで、尊厳を傷つけることなく、Mさんの作業を支援することができます。

1.混乱を深めることにつながるため、適切ではありません。

2.Mさんの役割を奪うことになるため、適切ではありません。

4.作業が止まっているのは、認知機能の低下が問題です。自助具は適切ではありません。

5.認知機能が低下している人には理解が難しく、さらに混乱させることにつながります。

評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は3です。

動作が止まってしまったこの状況では、失行が考えられます。
ヒントを出すことにより、Mさん自身が次の行動に移りやすくなり、混乱を減らしながら作業を支援することが出来ます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。