過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33173問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Cさん(75歳、男性)は、頸椎症(けいついしょう)(cervical spondylosis)と診断された。手がしびれ、指先に力が入らない。しびれが強い左手に加えて、最近では、右手の症状が進行して、食後の歯磨きがうまくできなくなった。
Cさんが口腔(こうくう)の清潔を保つための介護福祉職の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
歯間ブラシの使用を勧める。
 2 . 
歯ブラシをやめて、洗口液のうがいをするように勧める。
 3 . 
柄を太くした歯ブラシの使用を勧める。
 4 . 
口をすすぐときは、上を向くように勧める。
 5 . 
歯ブラシを歯肉に当てるように勧める。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
正解は3です。

柄を太くした歯ブラシにすることで握りやすくなり、歯磨きがしやすくなります。

1.歯間ブラシの使用には歯磨き以上の巧緻性が必要であり、不適切です。

2.洗口液を使うのは良いですが、あくまでも補助的なものであり、歯磨きをやめるのは適切ではありません。

4.誤嚥するので、上を向くのは不適切です。

5.歯肉を傷つけることになり、感染症の原因となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は3です。
本人が持ちやすい歯ブラシの使用を進めて見ることが大切です。

1、歯間ブラシの使用は、歯ブラシよりも口腔内を落とすことができます。

2、洗口液は補佐的役割ですので、なるべく歯磨きを進めましょう。

4、口をすすぐ際は、誤嚥に気をつけて行いましょう。

5、歯肉を傷つけることは出血などの原因にもなりますので控えましょう。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は3番です。
最大機能を活かし、出来る事は見守る。道具を使用して出来るものは、道具の使用を。援助は必要最低限が介助の基本です。

1 . 歯磨きより、細かく力がいる動作です。

2 . 歯石・舌苔(ベロの汚れ)が取れません。

3 . 持ちやすくなり、歯磨き動作の向上が図れます。正しいです。

4 . 誤嚥の危険も有りますが、歯磨きの目的を達せません。

5 . 歯肉のブラッシングも大切です。歯肉に汚れが残ると、歯周病の原因にもなります。傷つきやすいので、優しく。入れ歯でも、歯がなくても口腔ケアは大切です。
ただ、歯磨きが困難という根本的な問題が解決されていないので、今回は誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。