過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33249問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事例〕
Bさん(72歳、女性)は1か月前に脳出血(cerebral hemorrhage)で倒れて、不全麻痺(ふぜんまひ)は残ったが、自力でベッドから車いすに移乗できるまでに回復した。食事や排泄(はいせつ)はベッドから離れて行えるようになり、在宅で生活することになった。Bさんは長女と同居しているが、長女は働いていて日中不在なので、介護保険の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになった。
Bさんは日中はベッド上での生活が主体である。車いすの左側のブレーキをかけ忘れることや、左側の物に気づかずに衝突してしまうことがある。また、食事の時にお膳の左側の食べ残しが目立ち、屋内の生活にも何らかの介助が必要である。

Bさんの状態に該当する障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  ランクA1
2 .  ランクA2
3 .  ランクB1
4 .  ランクB2
5 .  ランクC1
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 総合問題 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
39
評価しない
正解は3です。
日常生活自立度は、A1・A2は室内でのほとんど自立。B1・B2は室内で何らかの介助が必要な状態をいいます。B2ですと、車いすの移乗にも介助が必要になりますので、正解は3になります。
日常生活自立度は、自立・J1・J2・A1・A2・B1・B2・Ç1・Ç2と(J1が一番軽くÇ2が寝たきり)表します。基準もきちんと覚えましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
最も適切なものは3です。

問題文中に「自力でベッドから車いすに移乗できる」「食事や排泄はベッドから離れて行える」「ベッド上での生活が主体」「屋内の生活にも何らかの介助が必要」とあります。

これらのことからB2が該当します。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定基準は厚生労働省のホームページに一覧があります。そちらを参考にしてみてください。

参考URL
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000077382.pdf#search=%27%E6%97%A5%E5%B8%B8%E7%94%9F%E6%B4%BB%E8%87%AA%E7%AB%8B%E5%BA%A6%27

評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
1.誤
ランクAは介助をすれば外出可能なレベルであるため誤りです。

2.誤
1.と同じ理由で誤りです。

3.正
「ベッド上の生活が主体」、「食事や排泄はベッドから離れて行なえる」という記述から日常生活自立度はランクB1です。

4.誤
ランクB2は車椅子への移乗する際に介助を必要とするため誤りです。

5.誤
ランクC1は一日中ベッド上で過ごし、食事や排泄の介助を必要とするため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。